カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
「フェアトレード認証コーヒー」の取扱い

フェアトレード
「フェアトレード」、直訳すると「公平な貿易」。途上国などの生産者に対して、原料や製品を適正な 価格で継続的に購入することにより、生産者や労働者の生活改善と自立を目指す貿易の仕組みです。小川珈琲は、国際フェアトレード認証ラベル商品の製造ライセンスを取得しています。

なぜフェアトレードが必要?
コーヒーの生産国のほとんどは、いわゆる開発途上国といわれる国々です。コーヒー豆の価格は、国際市場で決められます。遠く離れたマーケット動向を知ることが出来ない小規模農家たちは、時に生産や生活に必要な十分な利益を得られず、不安定な生活を余儀なくされている状況があります。


国際フェアトレード認証の基準

国際フェアトレード認証を受けるには、生産者や生産者の地域、貿易業者やメーカー、 そしてNGOが各基準を守りながら、生産や取引を行う必要があります。

【経済的基準】フェアトレード最低価格保証/フェアトレード・プレミアム保証/長期で安定した取引の促進/前払いの保証

【社会的基準】民主性・透明性ある運営/安全な労働環境・人権の尊重/人種差別の禁止/児童労働・強制労働の禁止

【環境基準】農薬・薬品の使用制限/土壌・水源の保護/廃棄物の管理と再利用の促進/遺伝子組み換え作物の禁止

「フェアトレード最低価格」と「フェアトレード・プレミアム」

フェアトレードには、生産者の経済的・社会的・環境的に持続可能な生産と生活を支える為の「フェアトレード最低価格」と生産者の組合や地域の発展・開発のために使われる「フェアトレード・プレミアム(奨励金)」が定められています。

【フェアトレード最低価格】
たとえ国際市場価格がどれほど下落しても、最低価格以上を保証しなければなりません。最低価格とは1ポンド当たり140セント。それに加え、有機認証コーヒーの場合、更に30セント上乗せされた価格になります。フェアトレード最低価格があることによって、生産者は安定した生活を送り、環境に無理な負荷を掛けることなく良質な作物づくりに取り組む環境を整えることができます。

【フェアトレード・プレミアム】
フェアトレード最低価格に加え、1ポンド20セントのフェアトレード・プレミアムが輸入業者から生産者組合に支払われます。これを生産者組合は、民主的に使途を決定し、生産技術の向上や機材の購入、または地域の小学校や病院の建設という地域社会の発展を目指すことができます。

最低価格とプレミアムの金額は 2015年9月現在です。

SDGsとの関連性

フェアトレードフェアトレードフェアトレードフェアトレードフェアトレードフェアトレードフェアトレードフェアトレード

日本政府(外務省)による JAPAN SDGs Action Platformでは、SDGsの推進活動として、国際フェアトレード認証を担う機関「フェアトレード・ラベル・ジャパン」を紹介しています。
※JAPAN SDGs Action Platformは→こちら

商品カテゴリCategory

  • 本日のセール
  • アウトレット商品
  • 簡易抽出コーヒー
  • 直営店の量り売りコーヒー
  • レギュラーコーヒー
  • コーヒー頒布会
  • カフェポッド
  • リキッドコーヒー
  • アイスコーヒー
  • 紅茶
  • ギフトセット
  • 焼き菓子・パウンドケーキ
  • コーヒー器具
  • その他の商品