カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

コーヒー豆ご案内
■2017年12月のコーヒー■
(初回ご注文締め切り:12月17日/お電話は12月15日まで)

Rwanda KOAKAKA
ルワンダ コアカカ
ルワンダ カップ オブ エクセレンス受賞のコーヒー

ルワンダは理想的な気候条件と整備されたインフラにより、
年々コーヒーの品質が上昇し、コーヒー業界で注目を集める生産国です。


ルワンダ コアカカ

ジンジャーのような風味とアップルのような爽やかな酸味、
はちみつのような甘さとクリアな後味を活かした味わいに仕上げました。


ルワンダ コアカカ

生豆生産国…………Rwanda(ルワンダ)
生産地域……………Kibirizi, Nyamagabe(キビリジ地区、ニャマガベ郡)
精選所………………Karambi / Rwashossco(カランビ/ルワショスコ)
代表者………………KOAKAKA Cooperative(コアカカ農業協同組合)
標高…………………1,600~1,900m
品種…………………Bourbon(ブルボン)
精製方法……………Washed(ウォッシュド)
乾燥方法……………Sun Dry(天日乾燥)


■ルワンダ

ルワンダは中部アフリカに位置する内陸国です。西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接しています。

ルワンダの地理は大きく4つに分けることができ、東はナイル川、西はコンゴ川の大流に繋がる豊富な水資源を、北は火山に面し肥沃な火山灰土壌を、南は原生林に由来する有機土壌を有す恵まれた国土を誇ります。
また千の丘と呼ばれる程、起伏に富んだ地形をしていて、その美しい風景の中で育つコーヒーは高い標高がもたらす気温差により、チェリーがゆっくりと熟成して高品質なコーヒーが生産できる環境となっています。
栽培品種の大半はアラビカ種となっていて、東西南北それぞれの地区で地形・気候が異なる環境で生産されるコーヒーはバラエティ豊かな風味をもたらしています。

ルワンダ コアカカ

■コアカカ農協/カランビCWS(コーヒーウォッシングステーション)

コアカカとはルワンダ語で「カラバ地区のコーヒー生産者の共同組合」の略称で、キニャマカラ、カラマ、ルオンドのニャマガベ郡の3つの生産者協会が合併して誕生した共同組合です。
カランビウォッシングステーションは、コーヒーの生産環境を整えて品質を向上させ、組合員の収入を増やすために2003年に設立されました。

コアカカ農業協同組合は南部のフイエ郡とニャマガベ郡のコーヒーチェリーを扱っており、それらの場所は標高1700 mを超えるような山の上であり、その高い標高がもたらす気温差によりチェリーがゆっくりと熟成するため、ルワンダでも高品質のコーヒーが生産される場所として知られています。
さらに収穫の際に、真っ赤に熟したチェリーのみを組合員のコーヒー農家が一粒一粒丁寧に収穫して行くことにより、素晴らしい風味を持ったコーヒーが出来上がります。
コアカカ農協はフェアトレード認証を持ち、2012年にはルワンダ政府から優れた管理を行っている農協として表彰されました。
品評会での受賞歴も豊富で、2007年にはゴールデンカップで入賞、2008、2010、2011、2013年にはカップオブエクセレンスで入賞を果たしているのです。

ルワンダ コアカカ

■カップ オブ エクセレンス

カップ オブ エクセレンスで取り扱われるコーヒーの多くは生産履歴をたどることができる単一農園もしくは限定エリアで収穫されたコーヒーです。
特に、特徴的な香り、酸味、甘み、味のきれいさ、バランスなどが優れたコーヒーが高く評価されます。
審査は、開催国で生産されたコーヒーが対象となり、国内・国際審査員が採点し、順位をつけ、一定点数以上のものに称号を与えます。
受賞したコーヒーは、その後インターネットオークションでコーヒー業者が直接競り合い落札します。


■とっておきのコーヒー頒布会 お申込みはこちら
→6ヶ月コース
→1年コース

商品カテゴリCategory

  • 本日のセール
  • 簡易抽出コーヒー
  • 直営店の量り売りコーヒー
  • レギュラーコーヒー
  • コーヒー頒布会
  • カフェポッド
  • リキッドコーヒー
  • アイスコーヒー
  • 紅茶
  • ギフトセット
  • 焼き菓子・パウンドケーキ
  • コーヒー器具
  • その他の商品
  • アウトレット商品