カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
■商品番号 6161

ブラジル ファゼンダ バリナス(粉) 150g

イベントコーヒー
販売期間:2018年7月~
世界各国より厳選した、数量限定の商品を期間限定で販売しております。
※数量限定のため、無くなり次第終了となります。


味わいコメント
チェリーのような香り、ブルーベリーのような酸味とバニラのようなやわらかな甘さ、甘い後味を感じる味わいに仕上げました。


ブラジル ファゼンダ バリナス(粉)
名称 レギュラーコーヒー
原材料名 コーヒー豆(生豆生産国名:ブラジル)
内容量 150g
賞味期間 製造より12ヶ月
保存方法 高温多湿、直射日光を避けて保存してください
挽き方 中細挽
製造者 小川珈琲株式会社 京都工場 京都市右京区西京極北庄境町20番地


この商品は【粉】です。【豆】は→こちら

NEW 数量限定
販売価格 1,639円 (税込 1,770円)
数量:
  • mixiチェック

■販売期間:2018年7月~■

Brazil Fazenda Barinas
ブラジル ファゼンダ バリナス
チェリーのような香り、ブルーベリーのような酸味とバニラのようなやわらかな甘さ、甘い後味を感じる味わいに仕上げました。

ブラジル バリナス

農園名 Fazenda Barinas(ファゼンダ バリナス)
農園主 Marcio Borges Castro Alves(マルシオ ボルゲス カストロ アルベス)
生産国 Brazil(ブラジル)
生産地域 Araxa, Minas Gerais(アラシャ、ミナスジェライス州)
農園面積 433 ha(コーヒー栽培エリア:100 ha)
標高 960 m
品種 Topazio(トパーシオ)
精選方法 ナチュラル

ブラジル バリナス

■ミナスジェライス州
ブラジルのコーヒーの約半数はミナスジェライス州で生産されています。面積は日本の約1.5倍と広大で、地域によってコーヒーの特徴も異なるとされます。
アラシャのある西南ミナスは北西部セラードと比べると起伏のある地形が広がっているため、ブラジル特有の柔らかい印象を持ちながら複雑でボディのあるコーヒーがとれます。

■バリナス農園
バリナス農園の歴史は1950年に現農園主マルシオ氏の父であるアルベルト氏がコーヒー栽培を始めたことから始まります。
アルベルト氏は意欲的で先遣の目を持った人物であり、当時ほとんどコーヒーが植えられていなかったアラシャでコーヒー栽培を始めた一人です。1975年ブラジルに大霜害が起こった時、バリナス農園も危機的な状況に陥りましたが、コーヒー作りをやめませんでした。そうして5世代に渡って受け継がれてきたバリナス農園のコーヒーは、2016年にCOE入賞を果たしました。
サンプルをカッピングした際、きわ立った強い果実の風味があり、ボディ感が強く、とても良い品質だと判断し、小川珈琲として入札することを決め見事落札することが出来ました。

ブラジル バリナス

■トパーシオ
ブラジルに広く普及しているムンドノーボとカトゥアイの交配種。
ムンドノーボの耐病性、収量の良さとカトゥアイの矮性という特徴を受け継いでいます。
実の色が黄色なため、黄玉に例えられてトパーシオ(トパーズ)と呼ばれています。

ブラジル バリナス


最近チェックした商品 Checked Items

  • 最近チェックした商品はありません。

商品カテゴリCategory

  • 直営店のコーヒー ラインアップ
  • レギュラーコーヒー
  • コーヒー頒布会
  • 簡易抽出コーヒー
  • カフェポッド
  • リキッドコーヒー
  • アイスコーヒー
  • 紅茶
  • ギフトセット
  • 焼き菓子・パウンドケーキ
  • その他の商品
  • アウトレット商品